ワイヤーからマウスピースのインビザラインへ

歯列矯正というと、歯の表面に金具を取り付けて、ワイヤーで引っ張りながら歯の位置を動かしていくという方法がイメージされがちです。
金具もワイヤーも目立つ上、メンテナンスが大変で痛みもあるため、歯並びが気になっても歯列矯正の手間を考えてためらう人も多くいました。
特に成人してから接客や営業などの職種に就くと、歯列矯正の装置が目立つため治療が難しくなります。

しかし近年では、金具とワイヤーを使わず、マウスピース型の矯正器具を使った歯列矯正で、他人に知られることなく歯並びを治すことが可能となりました。
インビザラインは、出っ歯など前歯などの目立つ一部分だけを矯正することも、歯列全体を矯正することにも対応可能です。
ごく軽い症状から難しい症状まで、出っ歯や受け口、すきっ歯などにも幅広く対応しています。
ただし、抜歯が必要な歯並びの場合、インビザラインでの治療も行いますが、従来のワイヤーを使った方法より時間がかかる場合もあるので注意しましょう。

出っ歯や受け口の場合、単純に歯が出ているだけのケースもあれば、顎の骨が小さいなど骨格が原因のこともあるため、矯正治療の方法によっては治療が難しい場合があります。
しかし、インビザラインは難しい症状も対応しているので、他のマウスピースを使った治療が行えない場合にも治療が受けられるのが特徴です。
歯がでこぼこで治療が難しい叢生でも、ほとんどの場合でインビザラインによる治療が行えます。

インビザラインは透明で薄いことから目立たないというメリットの他にも、治療中に取り外しできる大きな利点が存在します。
基本的に一日に決められた時間以上装着しておけば、食事や歯磨きの際に取り外して構いません。
歯磨きがしやすいので歯を衛生的に保ちやすく、食事の邪魔にもなりません。
また、金属を使わないので金属アレルギーの人でも問題なく使用できます。

インビザラインは最初に治療計画を立てるのが特徴で、歯の移動をシミュレーションすることで全ての歯型をあらかじめ作ります。
毎回歯型を取る必要がないので、通院回数を抑えることができますが、インビザラインを行っている最中に虫歯治療などを行うと計画にズレが生じます。
あらかじめ必要な治療を終え、歯の健康状態に気を配ることが大切です。
マウスピースを使う似たような治療法にクリアアライナーがありますが、こちらは歯の状況に合わせて歯型を取りマウスピースを作っていきます。