区別がつきにくい、部分入れ歯とブリッジ

虫歯や歯周病などにより歯が抜けてしまった場合、治療法として部分入れ歯とブリッジが提案されることがあります。
この2つはどちらも修復する際に使う材料にもよりますが、比較的安価な材料を使えば保険適用となります。
けれどもこの2つの方法は修復方法が異なるため、メリット・デメリットも大きく変わります。

まず部分入れ歯ですが、これは失った部分だけ人工物で補う方法でばねを使って人工物を固定します。
ばねを他の歯にひっかけるだけで人工物を固定することができるため、周辺の歯を削る必要はありません。

ブリッジはかぶせる部分の両端の歯を削り、人工の歯が並んだものをかぶせる方法になります。
ブリッジはいくつかの歯が連結した形になっており、かぶせた後セメントで固定します。

このように部分入れ歯とブリッジでは失われた歯の補い方が異なります。
そのためそれぞれにメリット・デメリットがあります。

部分入れ歯のメリットとしてまず挙げられるのが、メンテナンスのしやすさです。
ブリッジの場合セメントで固定してしまいます。
けれどもブリッジと歯茎の間にはどうしても隙間が空いてしまうためプラークが溜まりやすく、虫歯や歯周病につながる恐れも出てきます。
一方部分入れ歯はばねで支えているだけなので取り外しやすく、きれいに洗浄することができます。
また部分入れ歯を外すことで支えとなっている歯も磨きやすくなります。

さらにブリッジの場合、対応できない場合があります。
それが欠損した部分が並んでいる場合と、一番端の歯が欠損している場合です。
ブリッジは両端の歯で支える必要があるため、欠損部分が多いとそれだけブリッジは長くなり、支えとなる歯にかかる負担は大きくなります。
またブリッジは両端の支える歯が必要となるため、一番端の部分を補うことはできません。
一方部分入れ歯の場合、本数に制限がありません。
またばねを片方の歯にひっかけるだけでも支えにすることができるので、一番端の歯に対しても有効です。

歯にかかる負担が大きくなりやすいブリッジですが、その分咀嚼機能は保たれるというメリットがあります。
というのも、ものを噛むときに生じる圧力を連結された歯で受けることができるため、噛む力が保たれるのです。
また部分入れ歯と違い、金具を使わないので審美性も高いです。
さらに人口の歯を上から被せている状態なので、入れ歯に比べると違和感も少ないです。

このように部分入れ歯もブリッジもそれぞれメリット・デメリットがあります。
ただしどちらの方法をとる場合も、自分の身体に合って初めてその効果を発揮します。
自分に合った形のものを作るとともに、定期的にメンテナンスを行うことが重要です。